yumでremiリポジトリを使えるようにする

yumでremiリポジトリを使えるようにするためには、次のようにします。 remiリポジトリは、アップデートの提供が早いというのが特徴です。他のリポジトリで見つからない場合は、こちらで探してみるようにしています。

[root ~]# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm [root ~]# rpm -Uvh remi-release-5.rpm

ただし、私の場合、remiリポジトリは通常は「enabled=0」としておきます。

[root ~]# cat /etc/yum.repos.d/remi.repo [remi] name=Les RPM de remi pour Enterprise Linux $releasever – $basearch #baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/$basearch/ mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/mirror enabled=0 gpgcheck=1 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi failovermethod=priority priority=1 [remi-test] name=Les RPM de remi en test pour Enterprise Linux $releasever – $basearch #baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/test/$basearch/ mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/test/mirror enabled=0 gpgcheck=1 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

remiリポジトリを使用する場合には、次のようにオプションを付けて実行するようにしています。

[root ~]# 続きを読む »

yumでrpmforgeリポジトリを使えるようにする

yumでrpmforgeリポジトリを使えるようにするためには、次のようにします。

[root ~]# rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm 警告: rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 6b8d79e6 準備中…########################################### [100%] 1:rpmforge-release########################################### [100%]

yumでepelリポジトリを使えるようにする

yumでepelリポジトリを使えるようにするためには、次のようにします。

[root ~]# rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm を取得中 準備中…########################################### [100%] 1:epel-release########################################### [100%]

yumで標準リポジトリを優先化する

yumリポジトリとしては、CentOSの標準リポジトリの他に多数のリポジトリが存在します。パッケージアップデートの提供が非常に早かったり、提供するパッケージ数が多かったりと、その特徴は様々ですが、一般に複数のリポジトリを使用することが多いのではないでしょうか。

そこで検討しておきたいことが、CentOSの標準リポジトリと他のレポジトリの複数で提供されるパッケージに関しては、標準リポジトリのパッケージが優先されるように(上書きされないように)しておくことです。

そのために、yum-prioritiesパッケージをインストールします。

1.yum-prioritiesパッケージのインストール [root ~]# yum install yum-priorities Loaded plugins: fastestmirror Loading mirror speeds from cached hostfile * addons: ftp.iij.ad.jp * base: ftp.iij.ad.jp * extras: ftp.iij.ad.jp * rpmforge: apt.sw.be * updates: ftp.iij.ad.jp Setting up Install Process Resolving Dependencies –> Running transaction check —> Package yum-priorities.noarch 0:1.1.16-14.el5.centos.1 set to be updated –> Finished Dependency Resolution 続きを読む »

lokkitが入ってないのでインストール

ServersMan@VPSには、lokkit がインストールされていませんので、iptables および ip6tables の設定のために、lokkit をインストールして、設定まで行いたいと思います。

1.yumでパッケージ検索 [root ~]# yum provides */lokkit ←これで検索 Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror Repository ‘vz-base’ is missing name in configuration, using id Repository ‘vz-updates’ is missing name in configuration, using id Loading mirror speeds from cached hostfile * addons: www.ftp.ne.jp * base: www.ftp.ne.jp * extras: www.ftp.ne.jp * updates: www.ftp.ne.jp system-config-securitylevel-tui-1.6.29.1-5.el5.i386 : 続きを読む »

3 / 41234