SEO対策~SEO Ultimateの日本式表記設定

SEO対策のために、そのわかりやすさ、便利さゆえ『SEO Ultimate』プラグインを使用していますが、日本式表記に対応しているわけではありません。 なお、SEO Ultimateプラグインのバージョンは、本記事作成時点での最新バージョン4.8.1です。

そこで、まずタイトルタグを日本式表記にカスタマイズすることにします。

SEO Ultimateプラグインがインストールされているとダッシュボードの左側ツールバーに「SEO」というのがありますので、それをクリックします。ドロップダウンの中から「Title Tag Rewriter」をクリックします。

すると、タイトルタグのデフォルトフォーマットの設定画面が表示されますので、それぞれ例えば当サイトの場合は次のように設定変更しています。

設定項目 当サイトの設定値 Blog Homepage Title {blog} Post Title Format {post} | {blog} Page Title Format {page}ページ | {blog} Category Title Format {category} | {blog} Tag Title Format {tag} | {blog} Day Archive Title Format {year}年{month}{daynum}日のアーカイブ | {blog} Month Archive Title Format {year}年{month}のアーカイブ | {blog} 続きを読む »

SEO対策~検索サイトへの対応(Bing編)

今回は、Bing向けの対策です。

Bingへのサイトの登録は次のように行います。こちらもGoogle同様に簡単です。

1.Windows Live IDの登録

すでにWindows Live IDを持っていれば、それを使えます。 そうでない場合には、Bingウェブマスター(英語ページしかない)の右肩の[サインイン]をクリックして、表示される画面で新規登録を行います。

2.Bingウェブマスターでサイトを登録

Bingウェブマスターの中央辺りに[sign in to use webmaster tools]というのがあるのでそれをクリックして、サインインします。 Bingウェブマスターのホームで[Add Site]ボタンをクリックし、登録したいサイトのURLを入力して、後は指示に従っていくだけです。サイト所有確認手段を決まれますが、私は「ファイルBingSiteAuth.xmlをサイトに配置する」ことを選びました。

※ちなみに、Bingウェブマスター(英語表示)の右肩の[サインイン]からだと日本語表示されるが、サインインした先のページで、再度ページ中央の[sign in to use webmaster tools]から入り直す手間があります。

これで完了です。

SEO対策~検索サイトへの対応(Google編)

今回は、Google向けの対策です。

Googleへのサイトの登録は次のように行います。簡単ですので、是非実施してみてはどうでしょうか。

1.Googleウェブマスターツールへのアカウント登録

すでにGoogleアカウントを持っていれば、それを使えます。 そうでない場合には、Googleトップページの右肩の[ログイン]をクリックした先のページ、右側に「Google アカウントをお持ちでない場合 アカウントを作成」からアカウントを作成します。

2.Googleウェブマスターツールでサイトを登録

Googleウェブマスターツールにアクセスし、ログインします。Googleウェブマスターツールのホームで[サイトを追加]ボタンをクリックし、登録したいサイトのURLを入力して、後は指示に従っていくだけです。サイト所有確認手段を決まれますが、私は「ファイルgoogle○○○○○○○○.htmlをサイトに配置する」ことを選びました。

3.Sitemapファイルを作成

WordPressのプラグイン『Google XML Sitemaps』をインストールして、初期作成を行いました。通例、作成するファイル名はsitemap.xmlとします。自動更新もしてくれるので便利です。

4.サイトにSitemapファイルをアップロード

作成したsitemap.xmlをサイトにアップロードします。アップロード先はドキュメントルートディレクトリ直下です。

5.SitemapファイルをGoogleウェブマスターツールに登録

Googleウェブマスターツールから[サイト設定]→[サイトマップ]と入っていき、[サイトマップを送信する]ボタンで送信します。

これで完了です。

SEO対策~検索ロボット(クローラー)の制御

1.robots.txtとは

Googleなどの検索サイトロボット(クローラー)に、ファイルやディレクトリにアクセスしていいかどうか(インデックスしてもいいかどうか、検索結果に表示していいかどうか)を制御するためのファイルです。クローラーは、ドキュメントルートディレクトリ直下に、robots.txtを探しに行って、あればその指示に従う(はず)です。

2.robots.txtの記述例

記述内容は難しくありません。次のようなものです。

(例1)すべてのクローラーに、すべてのディレクトリ、すべてのファイルへのアクセスを拒否する場合(完全拒否)

User-Agent: * Disallow: /

(例2)すべてのクローラーに、すべてのディレクトリ、すべてのファイルへのアクセスを許可する場合

User-Agent: * Allow: /

(例3)すべてのクローラーに、/wordpress/にはアクセスして欲しくない場合

User-Agent: * Disallow: /wordpress/

(例4)Googleのクローラーだけ、すべてのディレクトリ、すべてのファイルへのアクセスを拒否する場合

User-Agent: Googlebot Disallow: /

※Googleウェブマスターツールのヘルプを参照して、robots.txt生成機能を利用するのもよろしいかと思います。

SEO対策~HTMLヘッダー部の最適化

私が施したSEO対策の1番目は、HTMLそのもののヘッダー部の最適化です。

ヘッダー部とは~の部分で、その後にボディ部~が続くというのが、HTMLの基本的な構成です。

ヘッダー部はブラウザ上に表示されるわけではありませんが、タイトル、キーワード、ディスクリプション、タグで言うとtitleタグとmetaタグ(ここにキーワードとディスクリプションが入るタグ)という、SEO対策にとって重要なデータが記述できることになっています。ここをいい加減にしておくことはSEO対策としてももちろんのこと、Webページとしても良くないことだと言えそうです。

ということで、HTMLヘッダー部に関して、次の対策(最適化)を行いました。

HTMLヘッダー部(~)の最適化

1.タイトル <title>○○○</title>

・コンテンツを的確に表現した文言にする。 ・サイト内の各ページでそれぞれに固有のタイトルを付ける。

2.キーワード <meta name=”keywords” content=”□□□”/>

どうも、あまりSEO対策効果は期待できないとの情報もあり、少数精鋭で行くことにしました。 ・コンテンツを的確に代表する単語を選ぶ。 ・キーワードは2~3個程度にする。

3.ディスクリプション <meta name=”description” content=”○○○”/>

コンテンツの要約と考えています。Keywordsに使用した単語をより前の方で使用すると良いようです。私は次のようにしてみました。 ・100文字程度を目安にする。 ・キーワードに指定した単語を前の方に記述する。

※上記の○○○は、Googleの検索結果に表示される(タイトルと、スニペットとしてディスクリプションが表示される)ようですので、魅力的な文言、文章にするときっといい効果があると思います。

※ちなみに、WordPressを使用している場合には、これらの設定にWordPressプラグイン『All in One SEO Pack』や『SEO Ultimate』を使用すると分かりやすく、簡単、便利です。私は、はじめは『All in One SEO Pack』を使用していましたが、投稿、ページそれぞれにkeyswordsやdescriptionの個別指定を視覚的にも分かりやすく実施、管理できる点を重視して、今は『SEO Ultimate』を使用しています。

1 / 212