SMTP Auth 接続をtelnetで確認する

MTAでSMTP Authを使用するように設定した場合に、実際に設定通りのプロトコルが動作するかどうかをtelnetで確認する方法です。

[root ~]# telnet xxx.goofoo.jp 25 Trying xxx.xxx.xxx.xxx… Connected to xxx.goofoo.jp. Escape character is ‘^]’. 220 xxx.goofoo.jp ESMTP unknown EHLO xxx.goofoo.jp |←入力してENTERを押す 250-xxx.goofoo.jp | MTAからの応答メッセージ 250-PIPELINING | 〃 250-SIZE 10240000 | 〃 250-ETRN | 〃 250-AUTH CRAM-MD5 DIGEST-MD5 | 〃 250-ENHANCEDSTATUSCODES | 〃 250-8BITMIME | 〃 250 DSN | 〃 AUTH CRAM-MD5 |←入力してENTERを押す 334 続きを読む »

Postfix + Dovecot でSMTP Auth (Cyrus-SASL) のメール環境構築

Postfix と Dovecot を使って、メール環境を構築するときの手順を整理しておきたいと思います。MTAの認証方式には、Cyrus-SASLによるSMTP Authを使用します。

Postfix は MTA(Mail Transport Agent)、Dovecot は imap/popサーバです。インストール時点のそれぞれのバージョンは次の通りです。

Postfix 2.3.3 Dovecot 1.0.7 1.Postfixのインストール [root ~]# yum install postfix (略) Installed: postfix.i386 2:2.3.3-2.3.el5_6 Complete! 2.Postfixの設定 [root ~]# vim /etc/postfix/main.cf パラメータ 操作 設定内容の説明 myhostname = xxx.goofoo.jp 追加する メールサーバのインターネットホスト名 mydomain = goofoo.jp 追加する ドメイン名 inet_interfaces = all コメントを外す メールを受信するネットワークインターフェース #inet_interfaces = local コメントアウトする メールを受信するネットワークインターフェース 続きを読む »

3 / 3123