yumでepelリポジトリを使えるようにする

yumでepelリポジトリを使えるようにするためには、次のようにします。

[root ~]# rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm を取得中 準備中…########################################### [100%] 1:epel-release########################################### [100%]

yumで標準リポジトリを優先化する

yumリポジトリとしては、CentOSの標準リポジトリの他に多数のリポジトリが存在します。パッケージアップデートの提供が非常に早かったり、提供するパッケージ数が多かったりと、その特徴は様々ですが、一般に複数のリポジトリを使用することが多いのではないでしょうか。

そこで検討しておきたいことが、CentOSの標準リポジトリと他のレポジトリの複数で提供されるパッケージに関しては、標準リポジトリのパッケージが優先されるように(上書きされないように)しておくことです。

そのために、yum-prioritiesパッケージをインストールします。

1.yum-prioritiesパッケージのインストール [root ~]# yum install yum-priorities Loaded plugins: fastestmirror Loading mirror speeds from cached hostfile * addons: ftp.iij.ad.jp * base: ftp.iij.ad.jp * extras: ftp.iij.ad.jp * rpmforge: apt.sw.be * updates: ftp.iij.ad.jp Setting up Install Process Resolving Dependencies –> Running transaction check —> Package yum-priorities.noarch 0:1.1.16-14.el5.centos.1 set to be updated –> Finished Dependency Resolution 続きを読む »

3 / 3123