プロキシー経由でyumリポジトリを参照するための設定

インターネット接続にプロキシを経由している環境で、yumリポジトリを参照してパッケージ操作を行う場合には、プロキシに関する情報を設定する必要があります。 設定先のファイルは、/etc/yum.conf です。 設定内容は次の通りですが、パスワードが裸ですので、パーミッションの変更などの保護強化策を施すことも検討してください。

[root ~]# vim /etc/yum.conf [main] cachedir=/var/cache/yum keepcache=0 debuglevel=2 logfile=/var/log/yum.log distroverpkg=redhat-release tolerant=1 exactarch=1 obsoletes=1 gpgcheck=1 plugins=1 # Note: yum-RHN-plugin doesn’t honor this. metadata_expire=1h # Default. # installonly_limit = 3 # PUT YOUR REPOS HERE OR IN separate files named file.repo # in /etc/yum.repos.d proxy=http://プロキシサーバ:ポート ←追加 proxy_username=プロキシユーザ ←追加 proxy_password=プロキシユーザ・パスワード ←追加 続きを読む »

rpmコマンドオプション

yumと並んでよく使うrpmコマンド。いくつかの便利なrpmコマンドオプションを簡単にまとめておきます。

パッケージの情報の表示

[root ~]# rpm -qpi パッケージファイル名

パッケージに含まれるファイルの表示

[root ~]# rpm -qpl パッケージファイル名

パッケージに含まれる設定ファイルの表示

[root ~]# rpm -qpc パッケージファイル名

パッケージの依存関係の表示

[root ~]# rpm -qpR パッケージファイル名

パッケージの更新内容の表示

[root ~]# rpm -qp –changelog パッケージファイル名

yumでremiリポジトリを使えるようにする

yumでremiリポジトリを使えるようにするためには、次のようにします。 remiリポジトリは、アップデートの提供が早いというのが特徴です。他のリポジトリで見つからない場合は、こちらで探してみるようにしています。

[root ~]# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm [root ~]# rpm -Uvh remi-release-5.rpm

ただし、私の場合、remiリポジトリは通常は「enabled=0」としておきます。

[root ~]# cat /etc/yum.repos.d/remi.repo [remi] name=Les RPM de remi pour Enterprise Linux $releasever – $basearch #baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/$basearch/ mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/mirror enabled=0 gpgcheck=1 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi failovermethod=priority priority=1 [remi-test] name=Les RPM de remi en test pour Enterprise Linux $releasever – $basearch #baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/test/$basearch/ mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/test/mirror enabled=0 gpgcheck=1 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

remiリポジトリを使用する場合には、次のようにオプションを付けて実行するようにしています。

[root ~]# 続きを読む »

yumでrpmforgeリポジトリを使えるようにする

yumでrpmforgeリポジトリを使えるようにするためには、次のようにします。

[root ~]# rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm 警告: rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 6b8d79e6 準備中…########################################### [100%] 1:rpmforge-release########################################### [100%]

yumでepelリポジトリを使えるようにする

yumでepelリポジトリを使えるようにするためには、次のようにします。

[root ~]# rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm を取得中 準備中…########################################### [100%] 1:epel-release########################################### [100%]