Redmine をバージョン2.4.2 にアップグレード

これまで使っていたRedmine 2.2.2 を、2013年12月24日にリリースされたRedmine 2.4.2 にアップグレードしました。

Redmine 2.2系から見て、2.3系、2.4系はメジャーバージョンアップということになっています。

現行環境では、2.3系にはしていなかったので、Rubyのライブラリで不足やバージョン相違が数多くあり、それを解決する手順が必要となってしまいました。

それでは、アップグレードの手順を振り返っておきます。

1.バックアップ

現行Redmineをバックアップします。バックアップするものは、RedmineディレクトリとRedmineデータベースの二つ。 Redmineディレクトリはディレクトリを丸ごと別名でコピーするだけでいいでしょう。redmine.2.2.2というディレクトリ名でコピーします。

[root]# cp -pr /var/lib/redmine /var/lib/redmine.2.2.2

Redmineデータベースはmysqldumpを使います。

[root]# mysqldump -u root redmine | gzip > /root/backup/mysqldump/mysqldump_redmine_`date +%Y%m%d%H%M`.sql.gz 2.Redmineパッケージファイルのダウンロード

任意の作業用ディレクトリに、インストールするRedmine 2.4.2 のパッケージファイルをダウンロードします。詳しくはRedmineのホームページを確認してください。

[root]# wget http://www.redmine.org/releases/redmine-2.4.2.tar.gz 3.Redmineパッケージファイルのインストール

ここからは、Redmineパッケージファイルの解凍・展開、Redmineディレクトリの移動、ディレクトリ所有者の変更、Redmineデータベース設定ファイルの移行・変更、filesディレクトリ内のファイルのコピー、不要なファイルの削除を行います。 Redmineパッケージファイルの解凍・展開

[root]# tar xvfz redmine-2.4.2.tar.gz

Redmineディレクトリの移動

[root]# mv ./redmine-2.4.2 /var/lib/.

ディレクトリ所有者の変更

[root]# chown -R root:root /var/lib/redmine-2.4.2

Redmineデータベース設定ファイルの移行

[root]# 続きを読む »

Redmine のアップグレード全手順(1.2.3 → 2.2.2) これでバッチリ!

Redmine 1.2.3 から、2013年1月21日にリリースされた最新版 Redmine 2.2.2 にアップグレードする手順を総まとめしておきます。

1.バックアップ 1.1.filesディレクトリのバックアップ

現行の redmineディレクトリ を redmine.bakディレクトリに名称変更して保存しておくことにします。

[root]# mv /var/lib/redmine /var/lib/redmine.bak 1.2.MySQLデータベースのバックアップ

MySQL のコマンドを使用して、バックアップを取ります。データベース名に redmine を指定します。

[root ~]# mysqldump -u root redmine | gzip > /root/backup/mysqldump/mysql dump_redmine_`date +%Y%m%d%H%M`.sql.gz 2.アップグレードの実行(tar.gzをダウンロードする場合) 2.1.Redmineのダウンロードと展開

任意のディレクトリで、Redmineのtarballを新しいディレクトリに展開します。

[root]# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/76722/redmine-2.2.2.tar.gz [root]# tar xvfz redmine-2.2.2.tar.gz [root]# mv ./redmine-2.2.2 /var/lib/redmine 2.2.ディレクトリの所有者の変更

redmineディレクトリの所有者を変更します。

[root]# cd /var/lib [root]# ll drwxrwxr-x 続きを読む »

Redmine 2.2で、ガントチャートのPNG画像出力で文字化けしないようにする

Redmine 2.2.2 で、ガントチャート画面をPNG形式の画像出力を行うと、日本語が文字化けして、「?」で表示されるなどしてしまいます。

対策は、Redmine.JP で「ガントチャートをPNG形式の画像に出力すると文字化けする」として公開されていますので、それにしたがって、以下のように対応しました。

1.フォントのインストール

「IPA Pゴシック(IPAPGothic)可変幅フォント」をインストールします

[root ~]# yum install ipa-pgothic-fonts Installed: ipa-pgothic-fonts.noarch 0:003.02-3.1.el5 Complete!

「IPA P明朝(IPAPMincho)可変幅フォント」をインストールします

[root ~]# yum install ipa-pmincho-fonts Installed: ipa-pmincho-fonts.noarch 0:003.02-2.1.el5 Complete!

インストールした日本語フォントのパスは次の通りです。

フォント名 パス IPA Pゴシック /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf IPA P明朝 /usr/share/fonts/ipa-pmincho/ipamp.ttf

※ちなみに、等幅のIPA ゴシックフォントおよびIPA 明朝フォントは、それぞれ、「ipa-gothic-fonts」「ipa-mincho-fonts」というパッケージです。

2.画像で使用する日本語フォントの指定 [root ~]# cp -p /var/lib/redmine/config/configuration.yml.example /var/lib/redmine/config/configuration.yml [root ~]# vim /var/lib/redmine/config/configuration.yml rmagick_font_path: ↓ rmagick_font_path: /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf 続きを読む »

Redmine のアップグレード全手順(1.2.3 → 2.2.2) その5

投稿「Redmine のアップグレード全手順(1.2.3 → 2.2.2) その4」からの続きです。

2.5.セッション管理用秘密鍵の作成 [root ~]# rake generate_session_store Note: The rake task generate_session_store has been deprecated, please use the replacement version generate_secret_token

また失敗。「generate_secret_token」を使えということらしい。それでは、次のコマンドを実行してみます。

[root ~]# rake generate_secret_token

成功しました。/var/lib/redmine/config/initializers に、secret_token.rb が作成されました。

3.SVNチェックアウトのアップグレード

Redmineのインストールディレクトリに移動して、以下のコマンドを実行します。

[root ~]# svn update ‘.’ を飛ばしました 4.データベースの更新

新しいRedmineのインストールディレクトリに移動し、データベースのマイグレーションを実行します。

4.1.データベースのマイグレーション [root ~]# rake db:migrate RAILS_ENV=”production” == CreateChangesetParents: migrating ========================================= — create_table(:changeset_parents, {:id=>false}) 続きを読む »

Redmine のアップグレード全手順(1.2.3 → 2.2.2) その4

投稿「Redmine のアップグレード全手順(1.2.3 → 2.2.2) その3」からの続きです。

2.5.セッション管理用秘密鍵の作成

rmagick のインストールまで成功しましたので、bundle install を実行します。

[root ~]# bundle install Fetching gem metadata from http://rubygems.org/……… Fetching gem metadata from http://rubygems.org/.. Installing rake (10.0.3) Installing i18n (0.6.1) Installing multi_json (1.5.0) Installing activesupport (3.2.11) Installing builder (3.0.0) Installing activemodel (3.2.11) Installing erubis (2.7.0) Installing journey (1.0.4) Installing rack (1.4.4) Installing rack-cache (1.2) Installing 続きを読む »