anacronが実行されないようにする

redhat Linux 6では、cronに代わってanacronが標準になっています。

anacronが実行されないようにするには、単純にはcronie-anacronをアンインストールして、cronie-noanacronをインストールすればいいのですが、cronie-anacronをインストールしたままで、実行されないようにするために、次のように/etc/anacrontabを編集して、実行ステートメントをコメント化してしまうのも手です。

[root]# vim /etc/anacrontab
---
# /etc/anacrontab: configuration file for anacron

# See anacron(8) and anacrontab(5) for details.

SHELL=/bin/sh
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=root
# the maximal random delay added to the base delay of the jobs
RANDOM_DELAY=45
# the jobs will be started during the following hours only
START_HOURS_RANGE=3-22

#period in days   delay in minutes   job-identifier   command
#1      5       cron.daily              nice run-parts /etc/cron.daily ← コメントアウト
#7      25      cron.weekly             nice run-parts /etc/cron.weekly ← コメントアウト
#@monthly 45    cron.monthly            nice run-parts /etc/cron.monthly ← コメントアウト
--- 

ちなみに、コマンド chmod -x /etc/cron.hourly/0anacron を実行するのも手ですが、anacrontabを編集することにしました。

Comments are closed.